モレックス、新しいコネクティビティ業界レポートを発表、 技術の進歩と製品イノベーションの力強い未来が明らかに



  • 金属間の物理的接触に比べ、非接触コネクターはより高い信頼性と耐久性、設計上のメリットをもたらす可能性あり
  • V2Xvehicle-to-everything)アンテナが、自動車とインフラ間のシームレスな通信を実現
  • コネクテッドホームに必要な電力が、エネルギー管理のイノベーションを推進
  • 224Gシステムアーキテクチャ上に構築されたハイパースケールデータセンターは、AI駆動のデータ処理要件に直面し、これまでにない接続性を達成

イリノイ州ライル - Media OutReach - 2023年9月14日 - エレクトロニクスで世界をリードし、コネクティビティの分野で革新を続けるモレックスは、広がり続けるコネクティビティの未来を見据え、製品設計エンジニアを取り巻く機会と障害に焦点を当てた新しい業界レポートを発表しました。レポート「未来のコネクティビティとは:つながる世界を加速させるイノベーション」(Predicting the Connectivity of Tomorrow: Innovations Driving the Connected World)は、画期的な製品イノベーションを可能にする次世代コネクティビティの変革の力に関して、説得力のある洞察を提供しています。

Caption
モレックスの新しいレポート「未来のコネクティビティとは(Predicting the Connectivity of Tomorrow)」は、つながる世界を実現するイノベーションとテクノロジーに関する貴重な洞察を提供しています。

「工場の作業現場やハイパースケールデータセンターから、自動運転車やスマートでエネルギー効率の高い住宅まで、コネクティビティの革新は、私たちのテクノロジーの未来を形成しています」と、モレックスのCEOであるジョー・ネリガンは話します。「前に進むための一歩一歩に、分野横断的なエンジニアリング、世界トップクラスの製造、そして高速・高出力コネクターの限界を押し広げるためのお客様との絶え間ない協働が必要です。画期的なソリューションの発展を加速させながら、コネクティビティの進化をリードする世界的な推進力の触媒として、当社がその役割を果たせることを嬉しく思います」

最先端のコネクティビティは、あらゆる産業や適用分野で見られる新製品やソリューションの土台となっています。製品設計者やエンジニアが未来に備えることができるよう、専門知識を持つモレックスの担当者らは、以下を含む、高まりつつあるイノベーションを詳しく調査しました。

  • 次世代の非接触コネクティビティ
  • V2X(vehicle-to-everything)通信
  • エネルギー自給自足のコネクテッドホーム
  • 集中型でハイパースケールなコネクティビティのハブ

これらの重要なイノベーションの軌跡に加え、自動車、消費者向けデバイス、工場、ウェアラブル医療機器、スマートフォン、スマートホーム、データセンターなどへの影響の増大を、タイムリーな考察で明らかにしています。さらに、モレックスの専門家は、従来のマイカー所有に対してのサービスとしての交通(TaaS)など、新しいビジネスモデルの創造を推進する上でコネクティビティが果たす重要な役割について見解を示しています。

非接触コネクティビティへの道を開く
非接触コネクターは、小型化した無線(RF)トランシーバーおよびレシーバーを使用し、デバイス同士の物理的な接触を必要とせず、通信やデータ交換を実現します。BluetoothやWi-Fiのような既存のワイヤレスプロトコルよりも、はるかに高速なデータ処理をサポートすることが可能です。金属間の物理的接触と比べて信頼性と耐久性において際立ったメリットを有するため、非接触コネクターは、ビデオディスプレイや過酷な環境、洗練された軽量家電、産業用ロボティックスでの利用に理想的です。製品設計の合理化、コスト削減、シームレスなデバイスのペアリングの可能性に対する企業の認識が高まるにつれ、この分野の開発ペースは勢いを増しています。

V2Xアンテナの前途
アンテナ、センサー、コネクターの開発への継続的な取り組みは、進化するV2X(vehicle-to-everything)機能を実現するための最も重要な鍵となるものの一つです。10年間にわたる5G V2Xプロジェクトのロードマップとシャークフィンアンテナ開発における確立された業界リーダーシップを背景として、モレックスは自動運転車をサポートするイノベーションを着実に推進しています。最適なアンテナ配置と性能を定義するためには、自動車メーカーやサプライヤーとの緊密なコラボレーションが欠かせません。さらに、非導電性材料の進歩により、将来のコネクテッドカーは、衛星やWi-Fiネットワーク、その他のシステムへの接続性を損なうことなく、シームレスなデザインを採用できるようになるでしょう。

コネクテッドでエネルギー効率の高い未来の住宅を後押し
未来のコネクテッドホームは、モノのインターネット(IoT)機能とバッテリーストレージシステムを組み合わせることで、エネルギーの生成と使用量をより確実に制御し、可視化します。さらに、ソーラーパネル用のミニインバーターやスマートバッテリー管理システムなどの革新的なエネルギー管理手段により、エネルギー使用の効率と制御は向上していくでしょう。これらのストレージシステムは、電力をインテリジェントにモニタリングし、最も必要とされる場所に供給するという重要な役割を果たすと期待されています。この分野へのモレックスの継続的な取り組みは、Volfinityセルコンタクティングシステムの開発につながりました。このシステムは昨年春、BMWの次世代電気自動車(EV)クラスに採用されました。

コネクテッドなハイパースケールハブの形成
224Gシステムアーキテクチャ上に構築されたハイパースケールデータセンターは、人工知能(AI)を利用して、消費者のエネルギー消費の最適化を支援しながら、企業のリアルタイムのデータ処理に関する絶え間ない要件に対応することを可能にします。生成AIの急速な普及によりハイパースケールデータセンターは進化を余儀なくされており、モレックスは224 Gbps-PAM4アーキテクチャの先駆者となりました。モレックスの業界初の224G製品ポートフォリオは、優れたシグナルインテグリティと堅牢な機械的構成とともに、卓越した柔軟性と拡張性を提供します。


Hashtag: #Molex

The issuer is solely responsible for the content of this announcement.
モレックスについて
モレックスについて
モレックスは、より良い、より接続性の高い世界の実現にコミットする、エレクトロニクス市場のグローバルリーダーです40を超える国々で事業を展開するモレックスは、自動車、データセンター、産業用オートメーション、ヘルスケア、5G、クラウド、消費者向けデバイスの各業界で変革をもたらす技術革新を可能にしています。モレックスは、お客様や業界との信頼関係、卓越したエンジニアリングの専門知識、製品の品質と信頼性を通じて、「Creating Connections for Life」の無限の可能性を実現しています。詳細は、をご覧ください。
SOURCE:

Molex

CATEGORY:

Electronics

READ IN:

English, Korean

PUBLISHED ON:

14 Sep 2023

Past Press Releases

MORE

Talk to Media OutReach Newswire today

CONTACT US NOW