Play2Live:現在利用可能なストリーマー用フォートナイト(Fortnite)ゲーム内交流型タスク



リマソール、サイプラス - Media OutReach - 2018年7月24日 - Play2Liveニューラルネットワークでは、視聴者はフォートナイト(Fortnite)のストリーミングに対するのタスクを構成し、さまざまな条件を選択する事ができます。LUC(Level Up Coin)トークンを使用して、Play2Liveユーザーはタスクに対して投票し、ストリーマーのタスク価格を形成します。

 

サイバースポーツ用ストリーミングプラットフォームであるPlay2Liveは、ユーザーが フォートナイト(Fortnite)のストリーマーにインタラクティブなタスクを割り当て、タスクの進行状況を確認する事ができるようになりました。これにより、プラットフォームユーザー間で新しいレベルの交流が生まれ、プラットフォーム内の唯一の支払い手段であるLUCトークンを中心に経済が形成されます。

 

Play2Liveプラットフォームのユーザーは、フォートナイト(Fortnite)内でタイムリミットや場所の指定を含む特定の武器、装備、スキルの使用をストリーマーに提案する事が出来るようになりました。

 

「当社はストリーマーとその登録者にユニークな機能提供ストリーマーによって制作されたコンテンツに直接影響えますフォートナイトFortniteではユーザーはスナイパーライフルを使用して10抹殺、中断せずに3時間のストリーミングを行、ゲーム設定の変更などの特殊条件をプレーヤーに提案する事ができます。どのユーザーもLUCトークンを使用して他のユーザーのタスクをサポートしたり、独自のタスクを割り当てることができます」と、プロジェクトのテクニカルディレクターであるVladislav Arbatov氏は述べています。

 

ストリーマーは1つのタスクまたは複数のタスクを同時選択するができタスクに成功すればタスクにして設定された価格同等報酬、失敗した場合には支払われたトークンを視聴者返還します

 

ストリーマーがタスクを完了したかどうかをシステムはどのように判断するのでしょうかニューラルネットワークはストリーミングを「監視」タスクが実行されたかどうかを精度判断しますタスクそのものはLUCトークンのデポジットをうスマート契約でありエスクローのようにストリーマによって実行されたタスクにてられた期間のデポジットをいます

 

積極的関与するユーザーはトークンで報酬ができプラットフォームでの交流をさらにゲームさせることができますよりくのアクティブユーザーがさまざまなアクティビティに参加すればするほど、彼らが獲得するトークンがえます

 

Play2Liveは、フォートナイト(Fortnite)で交流型タスクのシステムをテストしていますが、間もなく更なるゲームタイトルでの交流型タスクの実装が予定されています。

 

「交流型タスクはオーバーウォッチ(Overwatch)で正常に機能しており、間もなく各人気ゲーム用に開発される予定です。年末までに300以上のゲームでの実装予定していますニューラルネットワークトレーニングの内部システムは、新しいタイプのイベントを迅速追加することを可能にします。当社、各ゲームにおいてどのようなタスクが興味深いのかをファンにユーザーコミュニティと密接協力していく予定ですArbatovべます

 

Play2liveは、ブロックチェーン技術とストリーミングサービスを組み合わせ、ユーザーは、15種類以上の異なる方法でお金を使うことができる場所を目指しています、これは、同様のプロジェクトと比較して3倍以上の数値となっています。そして、当プラットフォームでストリーマーはコ. ンテンツを11種類の方法で収益化できますが、他のプラットフォームでは4〜5種類の方法しか利用できません。


The issuer is solely responsible for the content of this announcement.
SOURCE:

Play2Live

CATEGORY:

Business

READ IN:

English, Korean

PUBLISHED ON:

24 Jul 2018

Past Press Releases

Talk to Media OutReach today

CONTACT US NOW