Rhenusグループ、戦略的買収やパートナーシップによりラテンアメリカ地域でのプレゼンスを固める



  • Rhenusグループは、このたび、ラテンアメリカ地域の大手貨物フォワーダーであるBLU Logisticsを買収することとなりました。BLU Logisticsは、アルゼンチン、コロンビア、エクアドル、メキシコ、パラグアイ、ウルグアイのほか、大中華圏にも拠点を持ち、18万TEU以上の海上貨物量を誇っています。
  • さらにRhenusは、LBHグループの株式の過半数となる51%を取得することとなりました。同グループは、ラテンアメリカ地域の6か国を含む世界30か国以上で事業を展開しており、中米のいくつかの国にも提携企業を有しています。
  • BLU LogisticsとLBHのチームが加わることで、ラテンアメリカ地域におけるRhenusグループの従業員数は2,200人増加することとなります。現地機能の強化により、Rhenusは同地域への貢献を促進するとともに、世界展開への取り組みにもつなげています。
  • こうした戦略的行動は、ラテンアメリカ地域におけるRhenusのプレゼンスを高め、国際貿易におけるさらなる成長を加速させるとともに、調達・サプライチェーンの多様化を図る業界動向を踏まえ、アジアとラテンアメリカ間の貿易レーン、ニアショアリング機能、サービスオプションを強化することを目的としています。

東京、日本 - Media OutReach - 2023年9月20日 - 世界的な大手物流専門会社のRhenusは、サービスポートフォリオを強化すること、また、ラテンアメリカ地域で高まる、グローバルに連結したサプライチェーンを実現する潜在能力を活用することを目的とした戦略的取り組みを通じて、同地域の市場における既存のプレゼンスをさらに拡大してまいります。Rhenusはこのたび、コロンビアを拠点とするBLU Logisticsの買収およびLBHグループ株式の過半数の取得を発表しました。これにより、同地域における同社の機能が補強されるとともに、グローバルなサプライチェーンの連結性に向けた取り組みも強化されます。

RhenusグループのCEO兼会長、Tobias Bartzは次のように述べています。「ラテンアメリカは、物流サービス、特にeコマース業界向けの物流サービスに対する需要が高まっている地域ですが、今回の戦略的買収により、同地域における当社のグローバルネットワークとサービスポートフォリオをさらに強化することができます。さらに、ラテンアメリカ地域は北米市場に近く、ニアショアリングのための強固な環境も育んでくれるので、われわれの成長戦略とも完全にマッチします。BLU LogisticsならびにLBHグループと共に、主要な市場で強力な拠点を提供し、より強固なサプライチェーンを世界規模で確保することで、われわれのお客様にとってファミリービジネスという価値を持つ独自のポジションを構築しています」

ラテンアメリカから世界へ

Rhenusグループは、アルゼンチン、ブラジル、チリ、コロンビア、メキシコで事業を確立しており、ラテンアメリカ地域で強力な基盤を築いています。同社が最近行った買収により、ウルグアイ、パラグアイ、エクアドルにおけるBLU Logisticsのプレゼンスが加わるほか、ラテンアメリカ、特にコロンビア、ブラジル、パナマ、キュラソーをはじめ、中米のいくつかの国でLBHが展開する船舶代理店サービスも加わることとなり、地理的範囲をさらに広げる道が開かれることとなりました。今回の拡大は、アジアとラテンアメリカ間の貿易レーンでRhenusが持つ主導的な地位を補完するもので、BLU Logisticsの強固な太平洋横断貨物輸送ネットワークが活用できるようになります。今回の戦略的な動きは、Rhenusとしては、ラテンアメリカ地域でシームレスに活動を拡大することが可能になるのはもちろん、BLU Logisticsとしても、欧州やインドの貿易レーンに範囲を拡大することが可能になり、既存の顧客サービスやクロスセルの機会を大幅に成長させることにつながります。また、BLU Logisticsに在籍していたDavid Kassin氏が、Rhenus Air & Ocean LATAMのCEOに就任いたします。

Rhenus Air & Ocean LATAMのCEO、David Kassinは次のように述べています。「今回の買収は、BLU LogisticsとRhenus、そして何より、お客様にとってもうれしい、"三方良し"の取り組みとなっています。Rhenusのグローバルネットワークを活用することで、BLU Logisticsとしても、ほかの地域をさらに開拓できるだけでなく、顧客基盤を新たなセグメントや地域、特に、インドと中東、東南アジア、欧州、北米に拡大することが可能になります。顧客中心主義、チームの結束、起業家精神という共通のコミットメントによって生み出されるBLU LogisticsとRhenus相乗効果によって、われわれはさらなる高みへと進んでいくことでしょう」

深まる関係

LBHグループの株式の過半数を取得したことで、Rhenusは、世界24か国に拠点を持ち、7か国に提携企業を持つグローバルな船舶代理店として、ラテンアメリカ、アジア、オーストラリア、アフリカの各市場に進出・展開することが可能になります。買収の一環として、RhenusはLBHグループの全従業員を引き継ぐほか、ばら積み品、液体貨物、コンテナ、一般貨物を問わず、入出港船の処理といった業務も引き継ぎます。なおRhenusは、今後数年のうちに買収を拡大し、株式の100%を取得することを目指しています。両社は信頼関係の下、長年にわたり協力してきました。LBHグループのマネージングパートナーであるBert Lagendijk氏は次のように述べています。「信頼できるパートナーであるRhenusが、当社の今後の方向性において恒久的な存在となることで、ビジネスを共に成長させるべく前進できることを楽しみにしています」同氏は、弟でLBHの共同創設者でもあるJan Lagendijk氏と共に、将来の成長機会を開拓するために、当面は活動を続けていく予定です。

BLU Logisticsとの取引は、コロンビアの独占禁止法規制当局の承認を得ることを条件としています。



Hashtag: #Rhenus

The issuer is solely responsible for the content of this announcement.
Rhenusグループについて
Rhenusグループについて
Rhenusグループは、世界各地で事業を展開し、年間売上高が86億ユーロにのぼる大手物流専門会社です。1,120の事業所に39,000人の従業員を有し、完全なサプライチェーンに沿った革新的なソリューションを開発しています。同族経営によるファミリービジネスで、輸送や倉庫保管、通関、付加価値サービスなど、顧客のニーズが常に第一とされているさまざまなビジネスユニットに集中して事業を行っています。
BLU Logisticsについて
BLU Logisticsは、ラテンアメリカとアジアで事業を展開する大手物流・輸送会社です。1995年にコロンビアで設立されたのち、瞬く間にラテンアメリカ最大級の運送会社へと発展を遂げました。海上貨物輸送、航空貨物輸送、倉庫保管、税関、物流サービスに特化しており、コロンビアのボゴタに本社があるほか、アルゼンチン、ウルグアイ、パラグアイ、エクアドル、メキシコ、大中華圏にも支店を有しています。コロンビア第1位の海上運送会社で、輸入貨物量は18万TEU以上(20フィートコンテナ)にのぼります。
LBHグループについて
1984年にオランダのロッテルダムで設立されたLBHグループは、多種多様なばら積み貨物の輸送にまで事業を拡大し、24か国に支店を開設。さらに、7か国に提携企業も有しており、特にオーストラリアとアフリカを中心にビジネスを展開しています。ラテンアメリカにおいては、アルゼンチン、ブラジル、チリ、パナマなど、12か国に拠点を置いています。2008年より、LBHグループというブランドの下、個々の支店は統合されています。
SOURCE:

Rhenus

CATEGORY:

Logistics

 
PUBLISHED ON:

20 Sep 2023

Past Press Releases

MORE
#Logistics #Advertising, Marketing & Public Relations

07 September 2023

Rhenus Group solidifies LATAM presence through strategic acquisitions and partnerships

Talk to Media OutReach Newswire today

CONTACT US NOW