入居者の安心・安全と、物件の価値を高める



仕事マッチングサービスによる物件内の清掃業務の導入を決定 約9,000件の試験導入を踏まえ、全都道府県で順次導入

東京,日本 - Media OutReach - 2021年10月25日 - ビレッジハウス・マネジメント株式会社(本社:東京都港区、共同最高経営責任者:岩元 龍彦、工藤 健亮、以下ビレッジハウス)は、管理運営する賃貸物件「ビレッジハウス」の入居者へのサービス向上、満足度向上とコスト削減、業務効率化を目的に、物件共用部、敷地内の清掃業務にクラウドワーカーを活用した仕事マッチングサービス「エリクラ」を導入することで、より細かく、よりスピーディに対応いたします。

 



2019 年 9 月より、大阪、滋賀などの一部地域で試験導入を開始、現在までに 31 府県で約 9,000 件の業務マッチングに成功しています。この実績を踏まえ、全都道府県で順次導入いたします。

 

試験導入実績

2019 年 9 月 大阪府、滋賀県で導入、2021 年 1 月までに 31 府県で導入

マッチング件数:8,754 件

主なマッチング案件:物件共用部の掃き・拭き清掃、ゴミ拾い

導入したサービス:エリクラ(株式会社リクルート)

 

ビレッジハウス共同最高経営責任者岩元龍彦はエリクラ導入について次のように述べています。

「ビレッジハウスは、住んでいる人やコミュニティー醸成を意識し、多様な人々が豊かに暮らせるような取り組みを行っています。交流イベントなど人とのつながりの創出と共に、敷地内の環境整備が住民の安心・安全に繋がり、価値をより高めていくと考えています。

 

エリクラの導入エリアの拡大と幅広い活用により、ビレッジハウスの環境を一層高め、入居者の皆さまの暮らしを支える一翼を担いたいと考えています。また、今後はエリクラを通した地域でのお仕事創出に加え、ビレッジハウスの入居者さまに、暮らしている団地内でのお仕事創出など幅広い活用にも力を注いでまいります。」

 

導入の背景

全国 105,478 戸の団地を運営・管理するビレッジハウスは、古い団地を再生させることと同時に、シニアや地域での雇用創出にも取り組んでいます。2020 年 4 月には、シニアを中心とした約 550 人を管理人として直接雇用し、ビレッジハウスの顔として入居者サービスの一端を担っています。また、清掃業者に委託していた物件の清掃業務にマッチングサービスを導入することで、住民や地域住民の仕事を創出します。今後も入居者満足度を高め、長期にわたり住みやすい環境を提供していきます。

 

エリクラとは

エリクラは、株式会社リクルートが提供するすき間時間で完了する簡単な仕事を近所の方にお任せできるお仕事マッチングサービス。仕事は主にマンション・アパート共用部の巡回、清掃業務などの数分〜数十分で完了できる簡単なものが中心、完了時には写真とコメントで報告する。

https://erikura.net


ビレッジハウス・マネジメント株式会社について
ビレッジハウス・マネジメント株式会社について

ビレッジハウス・マネジメントは、独立行政法人高齢・障害・求職者雇用支援機構が雇用促進住宅を民間に売却した際に、フォートレス・インベストメント・グループが一括取得し「ビレッジハウス」へリブランディング、リノベーションして賃貸住宅として提供しています。全国47 都道府県で 1,066 物件(2,856 棟、105,478 戸)の賃貸住宅「ビレッジハウス」を運営、管理する国内最大級の賃貸住宅サービス会社です。住宅を建て替えるのではなく、既存の建物を有効活用、長く使用することで低賃料での提供を実現しています。簡単な手続きと低賃料で安心安全な賃貸住宅を、低所得者層を含む全ての人へ積極的に供給することで、よりよい日本の住宅環境を築くことを目指しています。※2021 1 20 日時点の戸数 2021 1 20 日現在、1,023 名の従業員を擁し、東京本社のほか全国 7 支社、住まい相談センター、契約事務センターを展開し自社一貫のサポート体制を整えています。

SOURCE:

Village House

CATEGORY:

Business

READ IN:

English

PUBLISHED ON:

25 Oct 2021

Past Press Releases

Talk to Media OutReach today

CONTACT US NOW