• 先駆的なレポートにはジャーナリストがどのようにプレスリリースに接触しているかを記載
  • インサイトにより、代理店や PR プロフェッショナルがメディアとより強固な関係を構築し、より一層効果的なコミュニケーション・プログラムを実施するのを支援


香港 - Media OutReach - 2019 年 4 月 25 日 - アジア太平洋地域初のグローバルニュースワイヤーである Media OutReach (メディアアウトリーチ)は、 PR 業界が直面する最大のビジネス課題の 1 つに取り組むため、先駆的なメディア・ジャーナリスト インサイトダッシュボードを発表しました。これにより、 ジャーナリストがどのようにプレスリリースに接触しているかを的確に把握できるようになります。この インサイトはまた、ジャーナリストが依然として送られてきたプレスリリースを読んでいることを証明することで、デジタル時代において、プレスリリースは今でも存在価値があるのかという疑問に答えます。



メディア・ジャーナリスト インサイト


新レポートツールは、メディアアウトリーチの有する独自の配信、追跡、レポート機能およびアジア太平洋地域 22 ヶ国におけるジャーナリスト 8 万人以上を収録するデータベースを活用しています。この定性的測定ツールは PR 業界にとって全く新しいものであり、メディアが発行されたプレスリリースをどのように活用しているかを理解するという、最も困難な側面の 1 つに取り組みます。結果レポートにより、 PR プロフェッショナルはどのメディアが 自社のニュースに興味を持っているかを正確に把握することができます。こうした情報は、 PR プロフェッショナルがターゲットメディアに関する知見を得て、戦略的な コミュニケーションプランを策定するのに役立ちます。これは、地域担当の PR プロフェッショナルにとって特に重要です。なぜなら、 このインサイトは、国別にメディアの関心を把握することを可能にするからです。


この定性的測定ツールは、メディア・国別に、何名のジャーナリストがプレスリリースを受信し、メールを開封したかについての情報を共有し、プレスリリースのメール開封率と掲載率のコンバージョン率を明確に示します。


「メディアアウトリーチでは、 PR 業界が直面する課題に対処するための技術革新に投資しています。アジア太平洋地域で独自の配信ネットワークを有する唯一のニュースワイヤーとして、当社は、より優れた配信・レポートを実現し、効率性を向上させることを目指しています。今回、メディア・ジャーナリスト インサイトダッシュボードの発表により、長い間、不可能に近い課題とされていた問題に答えを提示します。」と、メディアアウトリーチ創設者兼マネージングディレクターのジェニファー・コック( Jennifer Kok )は述べています。


この先駆的なレポートは、メディアアウトリーチ が提供する プレスリリース配信後の標準レポート パッケージの 一部として 無償 で 配布 され 、 PR プロフェッショナルは各ニュースリリース配信後に、特定メディアに関する知見を得られます。


「すべてのプレスリリースがジャーナリストによって記事として執筆されるわけではないため、各記者がプレスリリースとどのように接触しているかを追跡するのは、メディアの関心を確認するのに役立ち、 PR プロフェッショナルにとって特に重要です。時の経過とともに、どのストーリーがメディアの注目を集めたのか、そうでなかったかを正確に理解できるようになり、どのメディアが各顧客のニュースをフォローしているかが明らかになります。本ダッシュボードは、ジャーナリストとの関係を築き、 PR 戦略を策定する上で貴重な資産となります。」とコックは述べています。


メディアアウトリーチの顧客は、メディア・国別にセグメント化された全レポートをダウンロードし、 Excel のスプレッドシートに取り込むことができます。


Talk to Media OutReach today

Let Media OutReach help you achieve your communication goals. Send an email to info@media-outreach.com or click below. You will receive a response within 24 hours.

Contact us now