東京,日本 - Media OutReach - 2020年5月12日 - アドバンスドエナジー (Nasdaq: AEIS) は本日、同社のアーティセン・エンベデッドパワー製品グループが、48 Vデータセンターインフラストラクチャへの移行をサポートする設計の新オープンコンピュートプロジェクトオープンラックバージョン3 (OCP ORv3)電源シェルフを発表しました。




従来のデータセンターのラックでは12 V電源シェルフを使用してきましたが、より高パフォーマンスのコンピュート/ストレージプラットフォームには、非常な大電流となるさらなる出力が必要です。配電を12 Vから48 Vに移行することで、電流値を1/4に、紺ダクションロスを1/16に減らすことができます。そのため熱特性が著しく改善し、バスバーの小型化と効率改善が可能になります。


この新しいスタンダードベース設計は主要OCPユーザー各社とのコラボレーションで開発されたもので、複数カスタマーの展開に共通の電源プラットフォームを創造することを意図し、採用の増加によりOCPコミュニティ全体の利点となるスケールメリットを生み出します。


「私たちは複数の主要ハイパースケールデータセンターのカスタマーから情報提供を受けながら、OCPオープンラックスタンダ―ドと仕様の開発に深く携わってきました」とアドバンスドエナジーのアーティセン・エンベデッドパワー製品グループのデータセンターソリューション担当シニアディレクター、Brian Kornは述べています。「当社は、複数企業と共通課題への取り組みにおいて協働することで、この次世代型48 V配電アーキテクチャの市場採用を可能にし、OCPコンパチブルソリューションを提供しながら、同時に差別化要因となる知的財産も適切に留保していきます。」


この新OCP ORv3電源シェルフは、ハイパースケールデータセンターにおける48 Vラック配電の採用増大の実現に向けたキーテクノロジーとなるでしょう。アーティセン製品は、データセンターコンピューティングの19億ドルの組込み型電源市場で、ラック電源ソリューションを提供しています。この市場は データの生成/使用の加速、エンタープライズITを介したクラウド採用の増大、人工知能と機械学習が主導するワークロード増大により、急速に拡大中です。


この新しい ORV3電源シェルフは、2020年5月12~15日に開かれるOCPバーチャルサミットに合わせて発売開始予定です。当社は、従来の相互運用性仕様の開発とOCPコンパチブルソリューションの開発に深く携わってきました。OCPグローバルサミットへの当社の参加は今年で4年目であり、セッションではシニア・テクニカルマーケティングディレクターのHarry Soinが「オープンラックV3電源シェルフを深堀りする」と題して5月14日(木)11 :00amからこの1OUシェルフアーキテクチャのプレゼンテーションを行います。

 

この詳細と画像:

1OU 18 kW Open Rack Power Shelf

2OU 36 kW Open Rack Power Shelf

50 V, 3 kW Open Rack Rectifier


Talk to Media OutReach today

Let Media OutReach help you achieve your communication goals. Send an email to info@media-outreach.com or click below. You will receive a response within 24 hours.

Contact us now