SOURCE: Asia’s 50 Best Restaurants
29th February 2016

「アジアのベストレストラン50」で「ガガン」が2年連続でナンバー1に

タイ、バンコク - Media OutReach - 2016年2月29日 - 「アジアのベストレストラン50」 fで、バンコクの「ガガン(Gaggan)」が2年連続でナンバー1に輝きました。 サンペルグリノとアクアパンナがスポンサーを務める「アジアのベストレストラン50」の2016年度の結果が、タイのバンコクのWホテルで開催された受賞式典にて発表されました。



サンペルグリノとアクアパンナがスポンサーを務める「アジアのベストレストラン50」の受賞式典での、シェフとレストラン経営者の皆様の様子


サンペルグリノとアクアパンナがスポンサーを務める「アジアのベストレストラン50」の受賞式典での、シェフとレストラン経営者の皆様の様子


2016年で第4回を迎えるこの賞には、10店舗が初ランクインしました。2016年のリストには過去最多となるアジア圏内計13か国からバラエティーに富んだレストランがランクインしました。

 

「ガガン」は「アジアのベストレストラン賞」「タイのベストレストラン賞」の二冠の獲得となりました。

 

各国賞:


2位にランクインした「ナリサワ」は、4年連続で「日本のベストレストラン賞」を獲得しました。

 

アンドレ・チャンの「レストラン・アンドレ (Restaurant André)」が、順位を2つ上げ、3位に入り、4年連続で「シンガポールのベストレストラン賞」に輝きました。

 

第4位に入った香港の「アンバー (Amber)」は、昨年「中国のベストレストラン賞」 を獲得した「ウルトラバイオレット (Ultraviolet)(今年7位)」から、中国内首位の座を取り戻しました。

 

ソウルの「ミングルズ (Mingles)」が15位に入り、 「韓国のベストレストラン賞」も獲得するとともに、ジョン・ポールがスポンサーを務める「最上位の新規入賞レストラン賞」のダブル受賞を果たしました。

 

第39位に入ったマニラの「ギャラリー・ヴァスク (Gallery Vask)」が「フィリピンのベストレストラン賞」を獲得し、バリの「ロカヴォール (Locavore)」が「インドネシアのベストレストラン賞」を獲得しました。

 

「インディアン・アクセント (Indian Accent)」は順位を13上げて第9位となり、2年連続で「インドのベストレストラン賞」を獲得しました。

 

第30位の「ル・ムー (Le Moût)」は「台湾のベストレストラン賞」を、第31位に入ったコロンボの「ミニストリーオブクラブ (Ministry of Crab)」は「スリランカのベストレストラン賞」を、昨年に続き獲得しました。 「キュイジーヌワットダムナック (Cuisine Wat Damnak)」は「カンボジアのベストレストラン賞」に再び輝きました。

 

授賞式で発表されたその他の受賞者

 

最上位の新規入賞レストラン賞(協賛:ジョン・ポール): 「ミングルス」

シェフ、ミングー・カン (Mingoo Kang)氏は、地元の素材に西洋料理のエッセンスを盛り込んだフュージョン料理を新たに生み出しました。
 

 

注目のレストラン賞(協賛:ペローニ・ナストロ・アズーロ): 「フロリレージュ」

東京・外苑前の「フロリレージュ」は、まさにこの賞を受賞するに相応しい、非の打ちどころのないスタイルのモダンフレンチ・レストランです。
 

 

アジアのベストパティシエ賞(協賛:カカオ・バリー): チェリル・コウ氏(Cheryl Koh)

シンガポール生まれのコウ氏は世界中を旅した経験からインスピレーションを得て、2015年の4月に「タルト・バイ・チェリル・コウ(Tarte by Cheryl Koh)をオープンしました。
 

 

シェフズ・チョイス賞:ポール・ペレ氏(Paul Pairet)

この賞は「アジアのベストレストラン50」のリストにランクインしたシェフ達の投票により決定されるもので、彼が手がける上海の2軒のレストラン、「ミスター&ミセスバンド(Mr & Mrs Bund)」と「ウルトラヴァイオレット(Ultraviolet)」の影響力の高さが評価されました。
 

 

ハイエストクライマー賞: 「カンテサンス」

絶大な人気を誇る東京・北品川の「カンテサンス」は、昨年から29位も順位を上げ、今年は20位にランクインしました。

 

フィリピンのマルガリータ・フォレス氏 (Margarita Forés)が2016年度「アジアの最優秀女性シェフ賞」を、デビッド・トンプソン氏(David Thompson)が「ダイナースクラブ®ライフタイム・アチーブメント賞」を獲得しました。

 

「アジアのベストレストラン50」のグループ・エディターを務めるウィリアム・ドリュー氏はこう述べています。「『アジアのベストレストラン50』は、食の創造性と素晴らしい料理、そして、リストにランクインしている50のレストラン並びに、各賞を受賞したシェフの皆さまの努力と日々の鍛錬に報いるよう、今後もアワードの円滑な遂行に努めてまいります。」

 

詳しい情報や、写真と動画はwww.theworlds50best.com/asiaからご覧いただけます。

 

画像

サンペルグリノとアクアパンナがスポンサーを務める「アジアのベストレストラン50」の受賞式典での、シェフとレストラン経営者の皆様の様子

http://release.media-outreach.com/i/Download/4414

http://release.media-outreach.com/i/Download/4422

企業ロゴ

http://release.media-outreach.com/i/Download/4340

 

 

「アジアのベストレストラン50」の選出方法について

「アジアのベストレストラン50」は、アジア全域のレストラン業界で活躍する300名以上のエキスパートから構成される「ダイナースクラブ®アジアのベストレストラン50アカデミー」メンバーの投票により決定されます。

 

2016年版の「アジアのベストレストラン50」では、外部コンサルタント会社のデロイト社を公式裁定パートナーとして迎えいれました。

 

ウィリアム リード メディア グループについて 

「アジアのベストレストラン50」は、「世界のベストレストラン50 (2002年発足)」や「ラテン・アメリカのベストレストラン50 (2013年9月発足)」も手掛けるウィリアム リード メディア グループによって運営されています。
 

 

開催国:タイ

世界中からタイに訪れる観光客のお目当ては、何と言ってもその料理です。また、美食家たちにとって世界最高の料理が供される夢の国でもあります。タイの台所やレストランでは、伝統料理や最先端の料理、郷土料理に国際的な料理など、いつもおいしく、思わず手を出したくなるこの国ならではのメニューが作られています。

 

メインスポンサー

「アジアのベストレストラン50」のメイン・スポンサーは、世界の代表的なナチュラル・ミネラルウォーターのブランドとして知られるサンペレグリノとアクアパンナが務めています。

 

スポンサー

  • ダイナースクラブ・インターナショナル®:公式金融サービススポンサー、「ダイナースクラブ®ライフタイムアチーブメントアワード」および、ダイナースクラブ®「アジアのベストレストラン50」アカデミーのスポンサー。
  • ジョン・ポール:公式コンシェルジュサービスプロバイダー及び、「最上位の新規入賞レストラン賞」スポンサー。 
  • ペローニ・ナストロ・アズーロ:公式ビールサプライヤー、「注目のレストラン賞」スポンサー。
  • カカオ・バリー:公式チョコレートサプライヤー、「アジアの最優秀パティシエ賞」スポンサー。
  • サイルストーン(コンセンティーノ社):クォーツストーン・キッチンワークトップ公式サプライヤー。
  • ロバート・モンダヴィ・ワイナリー:公式ワインサプライヤー。
  • Wバンコク:公式ホテル兼、授賞式会場スポンサー。

 

メディア関係者の皆さまへの注意:「アジアのベストレストラン 50」の詳細を希望される場合は、

当社のメディアセンターへのオンライン登録が必要です。登録はこちらから:

http://www.theworlds50best.com/asia/en/media-centre-registration.html

 




Gallery

  • サンペルグリノとアクアパンナがスポンサーを務める「アジアのベストレストラン50」の受賞式典での、シェフとレストラン経営者の皆様の様子

    サンペルグリノとアクアパンナがスポンサーを務める「アジアのベストレストラン50」の受賞式典での、シェフとレストラン経営者の皆様の様子