ラインブライトバッハ(ドイツ)- Newsaktuell - 2020年1月14日 - Jennewein Biotechnologie GmbHは2020年1月9日にマンハイムの地方裁判所でNestlé Nutrition GmbHおよびその持株会社であるNestlé Deutschland AGに対し特許侵害訴訟を起こしました。Nestléは、2種類のヒトミルクオリゴ糖(母乳だけに存在するユニークな糖質)を含む乳児用調製粉乳Beba Supremeをドイツで販売しています。Jennewein Biotechnologieの調査結果によると、Nestléは知的財産権のうち、とりわけ欧州特許EP2 896 628およびEP3 131 912(2020年1月22日に保護開始)で保護されている工程で生産される乳児用調製粉乳の製造にヒトミルクオリゴ糖を使用しています。これらの特許がNestléに侵害されています。

 

Nestléは、ドイツ以外の国でもヒトミルクオリゴ糖を含む乳児用食品を販売しているため、Jenneweinは現在、Illuma、SMA、NAN、Gerber Good Startなどの製品の製造による、対応する外国特許の推定される侵害に対する対策を調査しています。


この発表の内容について、発行者は単独で責任を負うものとします。


Talk to Media OutReach today

Let Media OutReach help you achieve your communication goals. Send an email to info@media-outreach.com or click below. You will receive a response within 24 hours.

Contact us now